白い原稿用紙

漫画描きの日常日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワー注入を

2011.04.02 (Sat)

あれから三週間たったとか。

日に日にあきらかになっていく被害の大きさや
状況の変化に
ボーゼンとして 三日分くらいの記憶しかありません。

日常が一瞬にして奪われ破壊された衝撃の大きさは
いかばかりかと
わざわざ想像しなくても心に浮かんで
被災地外の自分なのに沈み込んだ気持が
なかなか浮き上がれません。

この気持は
阪神の時にも覚えがある。。。。

あの時は
被災地外のくせに 気持が沈みこみすぎて
楽しい明るいもののいっさいを 見るのも辛かった記憶。

むしろ 被災地外だから
なにもできない自分にいらだってそういう気持から
抜け出せなかったんだろうと 今ならわかるんですが。



ここは
被災地外の私達がふんばらないと
助けるべき人たちも助けられない、
一緒に落ち込んだら
引っ張り上げられない。

出来ることを。
自分のできることを と考えて気分があせる。

いやいやいやいや

あせりすぎて何も出来ない っていうのも間違っているわ。

とりあえず平常心を。と自分に言い聞かせる。

このことで
価値観の違いや 言葉の選び方の過激さで
あちこちで衝突が起こっているのを見る。

自分の考えを言葉であらわすのって難しい。
言葉を尽くしても
なかなか伝わらないことも。

考え抜いて選んだ言葉でも
思わぬ人を傷つけることもある。

いっそ黙り込んでしまえば誰も傷つけないかしらと
半ばやけくそになってみたりもする。

でも
今はみんなが 逃げずに考えなければいけない時なのね。
ここからの復興は ただ 元に戻す という復興ではない
大きな分岐点なのだから
みんなが考えて考えてぶつかることを恐れないで
意見を交換して
進む道を決めなきゃいけない時なんだな  と。

逃げないで
怖がらないで
落ち込まないで
自分が出来ることを。

でもねでもね
「自分、何も出来ないから 一生懸命動いてる人を
売名行為とか 偽善者とかがんばって責めるよ!」
っていうのはぜひやめていただきたいと 
ツイッターを見てて思うよね。
「もっとあれをやってこれをやってどうしてそれもやらないの
あの人は稼いでるくせにどうしてもっとお金を出さないの」っていうのも。
それはしかるべき責任のある立場や組織に言うべきであって
善意で動いてる個人に言うべきことじゃないよね。

人に言うんじゃなくて 自分でやろう。
自分がこうと信じるなら 人にやってもらうんじゃなくて
自分でやろう。
自分が それはやらなくていいと思うことなら
皆がやっていても 無理にやらなくていいと思う。
人の意見を柔軟に聞くことは大事だけど
流される必要はないよね。

こういう言葉も
実は 人を責めることに精を出してるような人には届かない。
むしろ まっとうな人がこういう言葉を見て 凹んじゃったりする。

「買占めをやめよう」
という言葉も
買占めしてる人には届かない。
むしろ 普通に買い物をしてる人が 萎縮して
普通の買い物すら控えてしまうことになっている気がするの。

ひとりひとりが
自分に向けられた言葉をちゃんと見極めて
自分に向けられたものじゃない言葉で傷ついたりしませんように。

それから
自分に言われている言葉をきちんと受け止めて
わが身を振り返ることができる人が増えますように。

もちろんもちろん 私を含めて。



私としては
今は カラ元気でも自分を奮い立たせて
目の前の仕事を。

この漫画が
厳しい現実をひと時忘れて
読んでいる間だけでもわくわくできるものになるようにと
願いをこめて
パワー注入してがんばりまっす!

オリ咎予告

…… ↑どう見ても「心安らぐ漫画」には見えないけど
わくわくする漫画にするべく がんばっております。
発行は7月 デジタル配信です。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

藍まりと

Author:藍まりと
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

フリーエリア

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。