白い原稿用紙

漫画描きの日常日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊「いつしか花嫁候補」マボロシのページ

2010.11.02 (Tue)

11月新刊
と思っているのですがどうやら10月の末には発行されている新刊

ハーレクイン 「キンケイド家の遺言ゲーム」
その2 【いつしか花嫁候補】のご紹介でござります。

いつしか花嫁候補 (HQ comics ア 2-8)いつしか花嫁候補 (HQ comics ア 2-8)
(2010/11/01)
藍 まりとエミリー・ローズ

商品詳細を見る


あらまた画像がないわ
でもきっとそのうち洗われると思うわ
あら 洗ってどうするのかしら。
本がよれよれになっちゃうわ
とわけのわからないことはおいておいて
ちなみにこういう表紙なの

いつしか花嫁表紙ラフ

ってラフを貼られても困るかしら。
これを手がかりに本屋さんで探してくださったらとってもうれしい。

それはともかくとして
この作品には世にも恐ろしいエピソードがかくされているのでございます。

それは


締め切り前にうっかり風邪をひいてしまい、
編集部にしわ寄せをお願いして締め切りを延ばしていただいたのですが
それにあたってネームの先渡しをしたのでございます。

セリフ部分を先にお渡しして処理していただいておくわけですね。
切羽詰った時に使われる手です

ネームを送って
一眠りしようとした時に
大変 慌てたご様子で担当さんから連絡が。。。。。。。。

コミスタで描いている私は
原稿を見開き単位で作業しております。

担当さんが言うことニャ

「藍さん 
108ページ 109ページ の見開きが 二枚あります」


や やっちまったわ

コミスタでは
141枚分をひとつのフォルダにいれずに
4つに分けて作業しているのよ。
そのほうがいろいろと作業がやりやすいの。

その時
数字がだぶってしまっているのに
この時になるまで気がつかなかったのでござります (;∀;)

とにかく
夕方までに何とかします と対処しようと電話を切ろうとすると
担当さんが落ち着いた声で

「ちょうどこの見開きをすっぽり抜いても 話が通じます」

おおおおおおおお。
なるほど。
わたしは  昔ながらの古きよき習慣により
エピソードを 見開き単位で構成するクセがございます。
ほんとうにそのちょうど ダブったページがすっぽりぬけても
まったくオッケーだったので
そのまま さくっと抜いていただいたのです。

話の継ぎ目がおかしくならぬよう
107ページの最後のコマだけ 描きなおしましたけど
担当さんの冷静な判断のおかげで
被害は最小限。

でも
一分を争うようなお仕事の中
二枚分も余分に描いてしまうとは われながらまったく。。。。

締め切りぎりぎりにページ数があわないというのは
漫画家が最もおそれるトラブルのひとつでありますが
その中でも
ページが足りないより
ページが多すぎる方が
はるかに恐怖な出来事なのでございます。

やれやれ
肝が冷えた事件でござりました。

そして
その すっぽり抜いていただいた マボロシの見開きページはこちら ↓

まぼろい

真っ白な右ページの三コマ目は
俯瞰の結婚式のシーンが入るはずだったところで
ここを描かなくてすんだだけでも めっけものでございましたわ
ま 負け惜しみなんかじゃないんだからねっっ







                                (>_<。) くすん



イタリア版サディステックボーイ発行

2010.10.25 (Mon)

あまりにひさしぶりすぎて
ブログの書き方を忘れ、
忘れたからさらに遠ざかるという悪循環を打ち破って
ようやく戻ってまいりました。
お久しぶりのブログです。

一巻の時に報告しそびれたまま
三巻すべて発行され 先日全巻手元に届きました

イタリア版 サディステックボーイでござりまする。

イタリアSD

三人が イタリア語をしゃべっております。
作者にも読めませぬ。

09,1a-140
09,1a-141

縦長のフキダシに セリフを入れるのは大変そうです。

そして 中には 漫画の読み方の説明が。

解説

巻末に長い記事が載っているのですが 読めまへん(;∀;)
何が書いてあるのかしらどきどきどき。

一巻目が届いてから
二巻目以降がなかなか届かなかったので
売れ行きが悪く 続巻は発行中止になったかしらと
わりと確信的に思っていましたけれども
なにしろこういうジャンルなので おおっぴらに宣伝はかませないのですが
口コミで広がって 無事に読まれているそうです。
(どういった口コミかしら どきどき じゃの道は蛇的な?)


そして 彼らのイタリア遠征が成功したので
次は 星の館ご一行の イタリア遠征のお話も持ち上がっております。


こちらはサディステックボーイの倍以上の量があるので
実現した時には
また 何年がかりのプロジェクトとなることでしょう。

作者の手を離れて元気に飛び回ってくれて お母さん嬉しい。

さてこれは 以前にもご紹介しました、
作って頂いた 販促グッズでござりますの。

販促品

かなりしっかりした厚めの紙での
栞とポストカードです。

もしご希望の方がいらっしゃれば 差し上げますので
サイトのメルアドからご一報を。
結構数がありますので 足りなくなるなんてことはありえませんので
お気軽にお申し付け下さいまし。
あまったら通販のおまけとかにつけようかしらん。

今月のお仕事

2010.03.01 (Mon)

ええと いつものように



ご近所の怖い噂 2010年 04月号 [雑誌]ご近所の怖い噂 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/02/25)
不明

商品詳細を見る


「ご近所の怖い噂」に 

再録オオカミ漫画 「赤ずきんちゃん気をつけない」 が。
これが 第一部の最終回で 同人誌に収録されている最後のお話です。
最後まで掲載されたので
折を見て
同人誌の通販のご案内を 同人ページに載せたいと思いますが
修羅場に入るので ちょっと時間がかかるかもです (;^ω^)ノ

そして問題がなければ あと三話。
同人誌に収録されていない 第二部が載ります。
これは 自分でも忘れてたくらいのお話で 原稿をお渡しする時
ひっさしぶりに自分で読んで
「まあ おもしろいじゃないの」
と 全身全霊で自画自賛。してみました。。。おほほ。

それから

怖い女の仕返し 2010年 04月号 [雑誌]怖い女の仕返し 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/02/19)
不明

商品詳細を見る


「怖い女の仕返し」  に

再録 マレーネディートリッヒ漫画 短編 「ブルーエンジェル」 が。
マレーネは怖い仕返しをしていませんが(;^ω^)(;^ω^)ノ

さてそれから これも再録ですが

別冊ハーレクイン 2010 早春号 2010年 04月号 [雑誌]別冊ハーレクイン 2010 早春号 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/02/27)
不明

商品詳細を見る


別冊ハーレクイン に 「アマルフィの花嫁」 が。

これは 描き下ろしコミックスから 雑誌のへの再録という
逆輸入な感じの再録です。

新刊をこまめに買ってくださる読者さんには
コミックスからの再録というのは ちょっとがっかりかもしれません。

でも描く方としては
雑誌の方が部数がずっと多いので
新しい読者さんに読んでもらえる大事な機会ですし、
コミックスの小さい画面じゃなく、
雑誌の大きなサイズで見ていただけるというのも とても嬉しいことなのです。
雑誌に先に載ると コミックス化はまだかまだかとワクワク待っていただけるけど
コミックスが先だと 雑誌に載った時 「再録かー」 とがっかりされてしまう
不憫な子です。
優しい気持ちで見てやってくださいまし (;ω;)ノ

……けど!!

大きなサイズで見たら アラが目だつったらもうもうもう 
どうしましょう(;∀;)

再録に当たって 直すところがあればどうぞと言っていただいたのですが
直そうと 原稿を開いたら最後
全部書き直したくなること間違いナシなので
あえて 見ないで そのままお願いしますと 目をつぶちゃったのです

が!!!!!

せめて ここくらい直そうよー っていう
ホワイト忘れとかっっ。
たぶん 他にもいろいろいろいろ。。。。

うえーん
やっぱり 印刷された本はちゃんと見返して反省会しないとだめよね。

そろそろ度胸を決めて
砂漠の楽園の本も 開こうと思います (;ω;)ノ




新刊「星降る砂漠で」

2010.01.31 (Sun)

新刊のお知らせ

ハーレクインコミックス発売中です



あら 画像がないわ。
くやしいから 表紙イラストを貼っちゃうわ。

星降る裏

なんだこれは…って
裏表紙の一部でございます(≧∀≦)ノ

ハーレクインの漫画化をやっていれば
一度は夢見るシークもの。
でも いろいろといいかげn……ごほんごほん
ええと 創作的なのです 
服装とか アクセサリーとか 建物とか
架空の国なので まあ一種ファンタジーということで
現実的じゃない、細かいとこにつっこんじゃだめん。

描くのは大変楽しかったです。



ところで

自分的に 長いこと漫画家やってきて
原作付きの漫画というものは
自分の作品というより
原作者さんの作品 という思いのほうが強かったです。
もちろん その感覚は 個人的なもので
他の漫画家さんたちの思いはそれぞれ違うと思いますけども。

でも 不思議なことに
ハーレクインは それらよりずっと
自分の作品でもあるという思いがとても強いです。

たぶん
作品を読んで 
漫画化する時の解釈を 任せてもらえている、
というのが大きいかと思ってますのん。

なので 普通に原作付を描く時よりも
原作者さんとのコラボのような気持ちで描いてますけど
原作者さんが怒りませんようにーー。
ダイジョウブ 日本語だから 読めなi…… いえなんでもありません。

そんなわけで この先品も
原作と変ええた部分が多くあります。
あわせてお楽しみいただけたら嬉しいわ
……ってなことを あとがきにもかいたような気が。。。


ともあれ
よろしくお願いします

ネーム第一稿

2010.01.30 (Sat)

いろいろ予定が狂って
もっと早くにできるはずだったネーム第一稿がようやくアップ。

エンジェルネーム

このあと 情報が抜けてるところや 
重複しているところや
わかりにくいところ
つなぎがヘンなところを修正しながら清書。
地味に一番集中力を必要とするところに入りますのん。

こうやって
今 これをやってますー なんて
のん気に報告できるうちが華。
公に報告できない事態にならないように がんばらねばっっ(;@∀@)ノ

お仕事用PCMEIKOさんは
もう帰って来ているはずに時期なのに まだ来ず。
でも イザとなったら 初代KAITO機と 初代Cintiq 12WXでも
お仕事に差しさわりがないので大丈夫。

Cintiq の小さい方を使うのは
初代KAITO機では パワーが足りなくて
でっかいほうのCintiq につなげないから。

この
いろいろ繋ぐ配線も
実におっかなびっくりだったのが
最近は必要に迫られて 繋いでははずし はずしてはつなぎ…

接続をはずす時は 後でわからなくなって慌てないように
こうやって必ず 証拠写真を撮っておくわけですが

配線


なんか よけいわからなくなってるような気も しなくもない
今日この頃のあたくしです (;^ω^)


«  | HOME |  »

プロフィール

藍まりと

Author:藍まりと
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

フリーエリア

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。